トレーダーって時間がかかる仕事だなぁ

私が投資家に憧れたのは、時間が自由になりそうだから・・・という理由からだ。

平日の昼間に、サイクリングに行けるとか、筋トレは毎日14時にするとか、そんなことがしたい。

ところが、デイトレードをするとなると、ほとんどの時間をパソコンと睨めっこになる。

これじゃぁ、意味がない。

むしろ今の仕事の方が自由度が高い。

なんたって、毎日午前中だけ仕事をして、昼の13時になったらスポーツクラブに通っているのだから。。。

どう考えてもデイトレードだとこんな生活は難しい。相場の動きに合わせるしかなくなるだろう。

長期トレードがしたい!せめてスイングトレードだ!

だから、最終的には長期トレードがしたい。せめてスイングトレードだ。

日足か、せいぜい4時間足、1時間足まででトレードしたい。

しかし、FXってどういうわけか、デイトレードが主流のようにみえる。

ネットで見ていると、スキャルピングをやってる人は沢山いるのだが、長期でやってる人はまず見かけない。

長期だとネット上で公開するようなネタがないだけなのか・・・はたまた・・・

FX初心者には質より量が必要だ!

初心者たるもの、まずは場数が必要だ。

失敗の可能性も高い。

長期目線の予想より、短期目線の予想の方が遙かに楽だ。

自分の行動を考えたら分かるだろう。1時間先に何をしているかは何となく分かるが、明日何をしているかは分かったもんじゃない。

だから、まずは短期でトレード経験を積んだ方がいいと思う。

もちろん、あまりにも短期だとブレが大き過ぎるかもしれない。スキャルピングというよりは、デイトレードくらい、日に2~3回トレードできればいいのではないだろうか。

それを1ヶ月繰り返せば、50回くらいはトレードできる。

銘柄を複数同時にやれば、更に増える。

予算的に厳しければ、銘柄は絞ればいいし、まずはデモトレードで相性のいい銘柄を絞り込んで実際にトレードすればいい。

とにかく場数が必要だ。沢山トレードして勘を養う必要がある。

量より質だととかく言われるが、量を捌くことで高い質が生まれるのだ。量をこなしていない者には、質の高いトレードはできない。

考えてみれば簡単な話だ。

野球を始めたばかりの人がプロ野球選手のようにいろいろ考えながら練習をしたって意味がない。まずは、アホみたいにバットを振って、アホみたいにボールを追いかけるところからスタートする。最低限の動きができるようになってから、次のステップにいくのだ。

まともにバットを振れない奴が細かなことを考えたって意味がない。

しかし、投資となると、多くの人はいきなり細かなことを考え出す。

最低限の考え方をマスターしたなら、とにかく実際にチャートを追いかけるべきなのだ。

従って、最初はデモトレードで全く問題ない。デモトレードというより、Forex Testerのようなテスト環境でいい。テスト環境やデモトレードでまずは勝率を高めるのだ。

そして、7勝3敗くらいにまで高まった銘柄があれば、そこで実際のトレードで経験を積んでいく。

やらなきゃならないことは、遅かれ早かれやらなくてはならない

もちろん、短期と長期ではトレード方法は違ってくるだろう。しかし、トレードという本質は変らない筈だ。

ソフトボールや軟式野球をやっている人が硬式野球をやるのと、バレーボールをやっている人が硬式野球をやるのでは全く違うことは想像できるだろう。まずは野球の動きになれる必要がある。

まずはトレードになれる必要がある。

その後に、自分のテリトリーにあわせて修正すればいい。

横着したってダメだ。

やらなきゃならないことは、遅かれ早かれやらなくてはならない。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。