FXの利益率って?FXの利益率何%を目指せばいい?

前回の記事ではFXで目指すべき利益率というテーマで考えて、目指すべき年間の利益率は20%という結論に至った。

しかし、よくよく考えてみたら、前回の記事で考えていた利益率は投資全般の話だ。

どちらかといえば、株式投資に近いイメージで考えていた。

なんたって、ウォーレン・バフェットの利益率が20%なんだから、20%を目指そうという何とも荒っぽい結論だったわけだが、バフェットという名前が出てきる以上、FXの話とはちょっとズレてると言わざるを得ない。

FXならレバレッジをかけられる

投資全般ではなくて、FXを前提としたならば、レバレッジを避けて通れない。

例えばレバレッジ25倍なら100万円で2,500万円分も買える。

2,500万円で20%の利益なら500万円も儲かることになる。

500万円といえば100万円の500%だ。

1年間で5倍になる。。。これなら利益率をもっと下げて10%でもいいじゃないか。

レバレッジだって10倍で十分だ。10%の10倍なら100%だ。一年で倍になるって凄い。

だいたい、通貨というのは、年間で10%前後の値動きがあるそうだ。

それに上手く乗っかるだけで10%の利益だって夢じゃないのだ。(ホントか???

下手にガチャガチャトレードを繰り返さずに、ただただ我慢すればいい。それだけで資産が倍になるのだ、凄い。

この方法の最大の難点は、ロスカットだ。万が一に一時的に下がってしまうとさすがに辛い。

話がそれたが、FXが人気のわけが何となく理解できる。株式投資ではなかなかこういうわけにはいかない。机上の空論だとしても年間500%なんてのはあまりにも馬鹿げている。

しかし、レバレッジというキーワードが登場することで、何となくいけそうな気がしてくる。そんな魔力がレバレッジという言葉にはある。

レバレッジを効かせれば月間30%だって眉唾とは言い切れない

前回の記事で月間30%の利益率なんて馬鹿げてると書いたが、レバレッジを効かせれば、全くもって不可能ではない。

なぜなら、月利2%にレバレッジ15倍を効かせてやれば30%になるのだ。凄いw

やはりレバレッジは、資産のない者にはとても効果的だ。

その分、博打に近い部分も感じるが、そこは負けない投資を目指せばいいのだ。だいたいFXというのは投資と言うよりは投機に近い。投機筋が中心となって相場を形成しているのだからギャンブルぽくて当然なのだ。

だから、ジェシー・リバモアは、損切りを10%と言うルールで取引していたそうだが、これをレバレッジ25倍の世界で持ってきた日には、即効で破産だ。

100円で買ったドルが90円になったとすれば、2,500万円が2,250万円に減っているわけで250万円も損しているのだ。しかし100万円しか持っていないのだ・・・破産。

現実にはロスカットのシステムでこんなことは起こりえないが、破産は簡単に達成する。

従って、リバモアのルールに従えば損切りも10%の1/25にしなければならない。0.4%だ。99円60銭に下がったら損切りする必要がある。

こんなルールだと、長期トレードも難しい面がありそうだ。

いや、実際のトレード方法は今は置いておこう。

とにかく、レバレッジを効かせてやることで、破産リスクは高くなるが、資産を一気に増やせる可能性は出てきた。

あとは、落とし所を考えるだけだ。つづく・・・かもしれない。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。